身体表現性障害とは~ココロの病の謎をhappy解決~

患者と医者

やる気が低下する

倦怠感が続いたりや食欲がない人は、鑑別不能型身体表現性障害の可能性があります。鑑別不能型身体表現性障害は身体表現性障害の1つで、半年以上も症状が続く場合は専門のクリニックへの受診が必要となります。心が何らかの負担を感じた時に発症し、気分が低下したままの生活が続いてしまうことになります。子どもから大人まで幅広く症状を抱えることがあり、特に子どもは様々なことに敏感なので症状が出やすいのが特徴的です。学校へ行くことに倦怠感を感じ、朝ごはんが喉を通らないなどの症状が見られます。小学校から大学まで学校へ行かず不登校の子どもは多く、鑑別不能型身体表現性障害になってしまうとやる気もなくなり自宅に引きこもってしまう事態になるのです。

身体表現性障害を抱えている人は、専門クリニックで改善へ向けた治療を受けましょう。治療せずに放っておいてしまうと悪化してしまい、痛みが慢性化する恐れがあります。専門クリニックでは原因からしっかり向き合い、自分に合った治療法を行なっていきます。身体表現性障害は心の病なので、クリニックへ行くのに抵抗がある人は事前に調べてみると良いでしょう。スマホやパソコンを使って調べることが出来るので、自宅にいながらでも簡単に調べられます。どのような治療を行なっているかや、様々な心の病を紹介しています。自分では知らなかった情報も満載なので、治療を検討している人にも便利です。クリニックの中には1回目の診察を無料で行なっているクリニックもあり、相談を受けに行く気持ちで利用出来ます。またクリニックの詳しい情報が掲載された資料も請求出来るので、直接話しをしたり聞くのが苦手な人は資料をもらってみると良いでしょう。