身体表現性障害とは~ココロの病の謎をhappy解決~

女性

MENU

心の病を治療する

ストレスや悩みが積み重なってしまうと、心は負担に耐え切れなくなり体に症状として表れます。精神的な問題が1つの原因となるこの症状は、身体表現性障害と呼ばれています。身体表現性障害は7つの種類に分けることができ、種類によって症状が異なります。頭痛や視力低下、倦怠感や痙攣など様々な症状があり、放っておくと痛みが慢性化してしまう恐れがあります。毎日の生活にも影響するので、快適な暮らしをおくれなくなる可能性も高いのです。現代人は忙しくストレス社会で働いているとも言われており、子どもから大人まで男女関係なく身体表現性障害を抱えている人がいます。場合によってはうつ病を併発させる恐れもあるので、早めに病院を受診しましょう。しかし精神的な問題により体に症状が現れているので、内科や外科を受診しても診断されないケースが多いのが特徴的です。なので受診する場合は、精神科や専門クリニックが最適です。専門の医療機器を使った検査で、一人ひとりに合った治療法を行なっていきます。カウンセリングも同時に行われるので、自分のストレスの種を相談することが出来ます。専門医なので理解力もあり、個人のペースに合わせて治療を行なっていきます。

肩こりや腰痛、不眠症が長く続く人は、精神科を専門とするクリニックを受診すると良いでしょう。長期的な痛みは、精神的な問題が関わっている可能性が大きいです。原因の分からない痛みが続いてしまうと、慢性化してさらに痛みを改善するのが難しくなります。どこを受診しても痛みが改善されない場合は、専門科を変えて早めに専門クリニックを受診しましょう。受診する際は、ネットから簡単に予約することが出来ます。自分のかかえる痛みもネットで直接入力出来るので、実際に受診した際はスムーズに診察を受けられます。1度の診察や治療で改善するのは難しく、定期的に通いながら改善へと向かっていきます。なのでクリニックを選ぶ際は、自宅の近くや駅の近くなどアクセスしやすいか確認することも重要なポイントです。