身体表現性障害とは~ココロの病の謎をhappy解決~

患者と医者

治療はプロに任せる

ストレスや悩み事がこころに溜まることで、体に症状が現れるのが身体表現性障害です。身体表現性障害の特定の原因は発見されていませんが、現在ではストレスや悩み事などを日常生活で溜め込んでしまうのが1つの原因とされています。体に痛みが現れた場合は、内科や外科へ診察を受けに行く人が多いでしょう。しかし病院の検査では診断することが難しいので、改善するための治療薬がありません。手足の痛みや頭痛を和らげることが出来ても、完全に治すことは困難とされているのです。なので薬を飲んでも痛みが長い間続く人は、精神科を受診してみると良いでしょう。精神科は心の病を診察してくれ、一人ひとりに合った治療方法で改善へと進めていきます。カウンセリングを行なうので、自分の日頃の悩みなども相談出来ます。内科や外科では診断出来なかった症状も、精神科では改善に向けた治療を行えます。現在では身体表現性障害を専門としたクリニックもあり、さらに特化した治療を受けることが出来ます。

精神科や専門クリニックでは、身体表現性障害を治療することが出来ます。治療方法は、薬物療法と心理療法の2パターンで、カウンセリングを行い一人ひとりに合った方法で治療していきます。薬だけで改善に向けた治療を行なうのは難しく、心に寄り添うことが重要視されています。専門クリニックでは一人ひとりのストレスや悩みに耳を傾けてくれるので、人に言えなかった不安な気持ちもスムーズに吐き出せます。ストレスは人に話すことでも充分に解消されるので、1人で抱え込まずクリニックを受診してみましょう。また治療を行なっていく上では、医師との信頼関係が重要となります。信頼出来る医師を見つけることで安心して治療を受けられるので、心がリラックス状態になりさらに治療へ効果をもたらせます。また定期的に担当医に診察してもらうことで、自分にとっての良き理解者となります。小さなストレスや体の変化も報告しやすくなるので、信頼関係はとても大切です。