身体表現性障害とは~ココロの病の謎をhappy解決~

患者と医者

ストレスによる症状

現代人は日々忙しく過ごす人が多く、プライベートな時間よりも仕事に費やす時間が多くみられます。女性の社会進出も広まってきており、企業や会社で女性が活躍する姿が見られるのも一般的になってきています。しかし仕事は忙しいだけでなく、多くの人が働いているので人間関係も会社や企業によって様々です。最近ではハラスメント問題も深刻化しており、人間関係やハラスメントによる問題を1人で抱える人も少ないでしょう。このような問題はストレスとして体が負担し、心ちや体に大きなダメージを与えてしまいます。日常的に当たり前になってしまうと、気づかぬうちにストレスが溜まっている可能性もあるのです。ストレスを感じる日々が続いてしまうと、それが原因となり声や視力を失ってしまう恐れがあるのです。また手足や顔の麻痺や痙攣など、生活の中で無意識に体に症状が現れる場合もあります。ストレスは自分が感じる前に体に症状として現れるケースも多いので、それをきっかけにストレスとして知る人も少なくないのです。このようなストレスによる症状は、転換性障害と呼ばれています。転換性障害は身体表現性障害の1つで、大人だけでなく子どもも症状を抱えています。無意識に症状が起きるので、家族やパートナーの支えはとても重要となるのです。

身体表現性障害の中には、ストレスが原因で症状が現れる症状があります。それは疼痛性障害と呼ばれており、原因不明の痛みが体に表れます。溜まったストレスが大きな原因であり、体のあちらこちらが痛くなってしまうのです。痛む箇所は人によっても異なりますが、痛みが重度なので毎日の生活や仕事へ支障が出てしまうのです。現在では疼痛性障害を始め、いくつものタイプの身体表現性障害を治療する専門クリニックは増えています。体に痛みが現れてからでは、自分で改善するのは難しくなります。しっかり改善するためにも、専門クリニックへ行くことが重要なのです。ストレスは気づかぬうちに体に溜まっていくので、大きな症状が現れる前に自分で解消することが大切なのです。ストレスは大人だけでなく子どもも感じるので、育児をしている人は自分と子どもがストレスにならないような環境づくりが大切です。