身体表現性障害とは~ココロの病の謎をhappy解決~

患者と医者

最新の検査を受ける

身体表現性障害やうつ病を検査する際には、光トポグラフィー検査と呼ばれる最新の検査法が取り入れられています。これは物事を考える際に、客観的に考えることが出来るように開発された医療機器です。頭に光を当てることで検査することが出来るのですが、光は近赤外光なので頭にダメージを与えないので安心いて使用出来ます。頭の血液の流れを調べていき、カウンセリングと検査結果で一人ひとりに合った治療法を提案していきます。身体表現性障害やうつ病以外にも、双極性障害や統合失調症なども調べることが出来る進化した医療機器なのです。検査を受ける際は、事前の予約が必要となります。電話やクリニックのHPから予約することが出来るので、仕事の休憩など空いた時間で簡単に済ませることが出来ます。クリニックよっては光トポグラフィー検査を行なってない場合があるので、利用するクリニックで光トポグラフィー検査を行なっているか事前に確認してみましょう。

精神科やクリニックでは、うつ病や身体表現性障害を調べることが出来ます。症状を抱えている場合は、早めの受診と治療が必要となります。不安な人は検査を受けることで、自分がどのような症状を抱えているのか調べることが出来るのです。しっかり調べることで改善へ向けた治療を行い、自分の負担を軽くすることが出来ます。検査費用はクリニックによっても異なるので、事前にWEBサイトから調べてみると良いでしょう。検査の場合は保険が効かない場合もあるので、保険についても一緒に確認する必要があります。検査は診察も含め、約2~3時間で終わります。その日のうちに結果を聞くことが出来るので、何度も足を運ぶ手間を省けます。気になる点があればその場で質問出来るので、自宅へ不安な気持ちを持ち帰ることなく帰宅出来ます。クリニックは土日が休みの場合がありますが、最近では土日も診療しているクリニックが増えています。また夜遅くまで診療を行なっているので、仕事で忙しい人でも安心して検査を受けることが出来ます。